輝く労働の汗ってキ〜ラ〜ン!

  • 2008/08/20(水) 01:11:51

ついにお盆休みが終わり、お久しぶりに先輩方と会い、お仕事が始まってしもうたんです・・・。

まだまだ暑いので汗をかくと、ついつい冷たいお茶を飲み過ぎてしまいます。
すると当然お腹がゆるくなるわけです。

事務所に帰還しトイレに行くと、以前、作業のカラミで先輩が一緒に仕事をしていた人が 『大』 を済ませ出て来ました。

その人は体格は小さいのですが、眼光は鋭く、態度もかなり大きいオラオラ系で、分かり易く言うとドラゴンボールのベジータのようなキャラで、違うところといえば
『009696に電話してほし〜の
と言っていた、ほしの あきさんのお願いを断ったらしく、職業が関取以上のお相撲さんなら残念ながら引退しなくてはならないのであります。

先輩情報では、昔から一緒に仕事してる人によると以前は伝説の防具、茶髪のオシャレカツラを装備していたようです
今は装着されておりませんが・・・

外して出勤した日の心境と、周りのリアクションはどうだったのか・・・

そんなオラオラな奴に先輩は、むかし学校の友達にあだ名をつけるのがウマイという事で、あだ名仙人と異名を誇ったオレも脱カツラ・・・イヤ脱帽のあだ名をつけました。















『サボテン』


男性のシンボルとも言える通常のそれとは見た目が少し悪いところに着眼した、悪意漂う絶妙のあだ名に初めて聞いた時は笑いすぎでゲロりそうなくらい爆笑したのを思い出し、笑いこらえるのヤバかった・・・
( ´,_ゝ`)プッ

しかしそんなセニョールもなにやらいつもとは様子が違う・・・
オラオラな態度もなりを潜め、鋭い眼光は弱々しく、額からはテキーラがダラダラ流れ、もみあげから顎のラインは塩と化した汗がスノースタイル状態、柑橘系の酸っぱい香り漂う丸刈リータ状態なのです。

さっきすれ違ったばかりなのに、オレが出る際、サボテンダーの様なポーズで走りながらまたまたトイレに駆け込みました。
ε===┌(;・皿・)┘オーラァ!オーラァ!

日頃の行いが悪いからなのか、砂漠に生息する生物がクーラーの効いた部屋で仕事をし、過度の給水とシャーベットを摂取したからなのか分かりませんが

この時期、熱中症対策もお腹と相談して考えなあきませんな・・・
(゚A゚;)アツー